私が認知症になったり、死亡した後も、何よりかわいいペットに幸せな生涯を送ってほしい

家族の一員としてペットと一緒に生活をされている方も多くみえますが、万が一、ご自身が入院したり認知症になったり、もしくは亡くなった場合、ペットはどうなってしまうのか?

そんな不安に感じている飼い主が多くいるのも事実。ペットの飼育に関する調査の中で、あったら良いと思うサービスの上位に「飼い主が飼育できなくなった場合の受け入れ施設提供サービス」が入っています。

遺言書でペットの飼育をお願いするだけでは不安

遺言書で「私のペットの飼育をしてくれたら財産を渡します」と書き記し、飼い主が亡くなった後に面倒を見てくれる人を指定することは可能ですが、ちゃんと飼育されているのかを確認することはできません。

しかし、飼い主は自分がいなくなった後でもペットが幸せに暮らすことを願います。

家族信託を利用することで、安心してペットに幸せな暮らしを

家族信託を利用することで、ペットの飼育代金を予めプール(信託財産として信託口口座で管理)し、信頼できる人を受託者として選任し、飼育代金の管理を委託します。

受託者本人が直接ペットを飼育する必要はなく、ペットケアホームなどのペットを飼育してくれる施設に預けて、飼育代金を支払います。これにより、飼育の状況を確認することが出来て専門家による飼育でペットも天寿を全うすることができるので、飼い主も安心して委託することができます。

家族信託とは

無料相談予約受付中!!
家族信託についてのご相談、お問い合わせはこちら
0120-418-048
受付 9:00-19:00 [土・日・祝日も対応]

マンガでわかる家族信託を無料でプレゼント

家族信託は財産の保有者によく理解いただく必要がございます。
家族信託についてわかりやすくマンガで記載した資料を無料で郵送させていただいておりますのでお気軽にお申込みください。

※同業者及び東海地区に縁のない方の資料請求はご遠慮願います。